屋根・外壁・塗装・桶工事 住宅新築 リフォーム工事 住宅設計 施工実績 会社案内 お問い合わせ

瓦って‥

HOME > 屋根正の独り言:スタッフブログ>瓦って‥

瓦って‥

こんにちは。

先日の台風21号の影響で、工事が溜まっております。
お待ち頂いていますお客様、順次対応してますので、もうしばらくお待ちください。

先月は通常業務、台風被害復旧工事が重なりブログ更新をしていません。

今月は書きます。

さて今年も残すところあと1ヶ月となりました。
平成最後の月も半分来たと言ったところでしょうか。
最近ではめっきり寒くなり、日も短いことから屋根の上は、つゆや霜もあり、仕事する時間が減ってしまいます。夏のような暑さが無く、そんなに休憩しなくても大丈夫なので、ひと現場づつ、一生懸命こなしております。

今回の台風で、瓦が飛び、その背景には「瓦離れ」が浮かび上がります。

板金は大丈夫。瓦は壊れる。

そんな認識を持つ方も多いのではないでしょうか。

昔の瓦の工法は、屋根の上に屋根土を置き、その上に瓦を乗せる。
家自体を重たくして、壊れない家を作るということを聞いたことがあります。
それゆえに、屋根土が年数経過とともに細くなり、瓦との縁が切れ、今回のような台風で飛ぶといったことになります。

僕自身、瓦も板金も現場で触ります。今の工法はどちらも飛びにくく、全て、ビス、釘にて止まっております。

瓦の方がリスクがあると思われがちですが、、、

僕は瓦の方が好きです。
今では1枚1枚固定してます。屋根がどっしりしていると、やはり重圧感があります。

しかし板金も負けてはいません。
今家を建てられる方の好みにあっています。瓦よりシャープな仕上がりを見せる板金。もちろん材料の軽さも圧倒的に違います。

共にメリット、デメリットがありますが、どうか皆さん

瓦=壊れる

のイメージはもう捨ててください。

瓦にしか出せない良さもあるので、リフォーム検討される方、是非ご相談ください。

ではまた。
屋根正 村山 敏徳

 
前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

屋根正外観

有限会社 屋根正
〒501-1109
岐阜県岐阜市安食川通882-5
TEL:058-235-6020
FAX:058-238-8885

お問い合わせはこちらから